FC2ブログ

タイトル画像

霧笛楼ディナー

3月24日(火)

お正月の福袋で当たった霧笛楼ディナーに行ってきました。



3/31までの平日限定の要予約だったので、慌てて予約;

さて♪お料理は?


さすがにイチデジで撮る勇気は無かったので、上手く撮れずにブレブレで失礼;

09033005.jpg

温故知新コースです。

付き出し:ほろ苦い春菊の一口パイ
09033006.jpg
そんなに苦くなく~・・・小さくてあっという間に無くなっちゃった(^_^;)


オマール海老のタルタルとそのジュレ、緑のアスパラガスのブラマンジェ トリュフ風味09033007.jpg
海老の味バッチリでさっぱりツルンといただけました

あつあつパン
09033008.jpg
・・・とっとと食べても、おかわりは無かった


仙台港より マグロの赤身の片面パネと春キャベツのサラダ 乾燥トマトソース
帆立貝の焦げの旨み 二種の独活(ウド)と二種の胡椒とのコントラスト
09033009.jpg


小さな壺に入ったコンソメスープと薩摩若軍鶏(しゃも)の一口コンフィ
西洋葱のオーブン焼きとフォアグラのフォンダン カリン酢とスパイスの香り
09033010.jpg


山口県萩産 鈴木のポワレ プロヴァンス風
筍のリゾットと山菜 春の波打ち際の泡と共に
09033011.jpg
あわあわでした。


仔牛のフィレ肉のステーキ モリーユ茸のソース
じっくり新ジャガイモのロースト添え
09033012.jpg


旬の赤いフルーツのフィアンティーヌ仕立て
チーズのムースリーヌとレモン酢風味のグラスと共に
09033013.jpg
イチゴソースとチーズがヴァルママ好み~


コーヒーと胡椒入りチョコ
09033014.jpg

よくこんな長いメニュー覚えてすご~い!
なんて事は絶対に無いわけで;;
お品書きがちゃんと用意されてました。
サービスされる時に給仕さんが料理の説明をしゃべっくってたけど、早口だし周りがうるさかったので、ほとんど聞こえなかった

久々のディナーでお味はGOOD
全体的に量が少なかったけど、ポテトとデザートでお腹いっぱいになった感じ(笑)

ただし、予約した割には周り3組の団体さんが居る中のセンターのテーブル;
落ち着かなかったのは言うまでもありません(>_<)

タダ券だったからしょうがないのかな?
期待大だったので尚更残念。。。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://waldnhouse.blog32.fc2.com/tb.php/76-e7f97256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)